長谷川豪

大学院1年 建築コース 鎌田暁

大変遅れてしまい申し訳ありませんでした。

建築家長谷川豪の展示「スタディーとリアル」の文章の和訳と、長谷川豪の紹介文、感想文です。

Study in Real

To me, creating architecture is the act of studying reality and expanding its boundaries.

Even after majoring in architectural design at university, getting practical experience at an architectural firm, and beginning my own practice, rather than feeling as if I had finished learning, the need to study became even stronger as I considered and created my buildings. Learn and study are similar words. "Learn" suggests being taught and acquiring a certain skill, while "study" refers to the act of examining something. The word "study" also includes the nuance of active engagement. It suggests research, effort, and artistic studies. In the architecture world, it is used to mean the trial manufacturing of a design through models, but the act of objectively gazing, thinking, modifying, and cultivating an idea that you have devised is truly a process of active study. Cultivating an idea is also a means of developing yourself. In a semi-conscious state, you transcend yourself through the reality of a project, and attempt to discover a new you. Once you get to that point, you have the sense that a previously unimaginable, new reality has emerged. Studying reality and expanding its boundaries are two sides of the same coin.

For this exhibition, I have begun an architectural expansion of a kindergarten in the city of Ishinomaki, which suffered extensive damage in the Great East Japan Earthquake, which occurred in March 2011. After the extremely small building I have designed is erected in the gallery's courtyard, it will be moved to the school in Miyagi Prefecture after the exhibition has ended.

We now know that in the face of an unforeseen disaster such as an earthquake, it is difficult to deal with the situation through learning alone. Of course, this is also true of other situations. It seems to me that in addition to repeatedly questioning many different aspects and pursuing a wide range of real projects, study is an indispensable part of our era, defined as it is by a sense of complexity and uncertainty.

The act of studying improves the quality of creation. In this exhibition, I hope to present the consistently real and studied responses that I have used in my projects of the past and my current project in Ishinomaki.


スタディとリアル

僕にとって建築をつくることは、現実に学び、現実を押し広げることである。

大学で建築の設計を学び、設計事務所で実務を学び、自分で設計活動を始めても学ぶことが終わらないどころか、建築を考え、つくるうえで、学ぶということがますます切実なものになった。「学ぶ」には、LearnとStudyがある。Learnは教えを受けて修得するという意味であるのに対し、Studyは「学ぶことそのもの」を意味する。能動的なニュアンスがStudyには含まれているようだ。研究とか努力とか習作といった意味ももつ。建築の世界では「スタディ模型」など設計のなかでつくられる試作という意味で使われるが、自分がつくった案を客観的に眺め、考え、改め、育てていく行為は、まさに自ら能動的に学んでいくプロセスでもある。自分の案を育てると同時に、自分自身を成長させようとしている。なかば無意識のうちに、現実のプロジェクトを通して自分自身を乗り越え、新たな自分を開こうとしている。そこまで来てようやく、思いがけない新たな現実が立ち現れてくる気がする。現実に学ぶことと現実を押し広げることは表裏一体だ。

この展覧会を機に、東日本大震災で被害を受けた石巻市のある幼稚園に建築を贈るプロジェクトを立ち上げた。とても小さな建築を設計し、TOTOギャラリー・間の中庭に建て、会期後にそれを幼稚園に移築する。今回の震災のような「想定外」の前では、修得したこと=Learnだけで対応することが困難であることを僕達は経験した。震災に限ったことではない。複雑で不確かな時代だとされるいま、その都度問いを繰り返しながら現実のプロジェクトに自ら迫っていくという姿勢、Studyが不可欠なのではないか。

学ぶということが、現実につくることの質を高めてくれる。展覧会では、僕がこれまで設計してきたプロジェクト、および石巻のプロジェクトにおける、StudyとRealの絶え間ない応答を見てもらいたいと思う。


作家研究1


ギャラリー間の屋外展示場にある時の鐘楼。
1階の部屋は観客が座り、2階は塀の外を覗く展望台になっている。



石巻鐘楼


保育園へ移築した後の鐘楼
ここでは1階が子供達を迎えにきた親たちの憩いの場になり、2階は子供達の秘密基地になるという。4階に据え付けられた鐘は、ある時間になると子供達により鳴らされる。街の未来である子供達が力強く鳴らす鐘の音は、震災で被害を受けた街に未来に向けて進んで行こうという勇気を与えるだろう。






ここからは、和訳した文章の筆者である建築家、長谷川豪の紹介をしたいと思います。

長谷川氏のデビュー作「森のなかの住宅」(2006年)は、家型の住宅であるが、切妻屋根の下に並べる7つの部屋もまた切妻型の天井である。屋根と天井の間の小屋裏を上空の光や風景を各部屋に運ぶ深い窓として捉え、家型という馴染みのある形の中に「斜め上」の意識の広がりを創出している。


作家研究4


作家研究2


森のなかの住宅
(2006年/長野県北佐久郡)
©長谷川豪建築設計事務所


続く「桜台の住宅」(2006年)では、4m角の大きなテーブルを住宅の真ん中につくる。これを全面トップライトの、個室に囲まれた明るい大きな余白として捉え、各個室にとって家具でもあり、庭でもあるという、個室とリビングの新しい関係性を提案している。


桜台の住宅


桜台の住宅
(2006年/三重県)
©新建築社写真部


「練馬のアパートメント」(2010年)では、集合住宅の各住戸に大きなテラスを併置する。L型、細長、縦長など個性的な形の半屋外空間が各住戸を特徴付けている。テラスとインテリアを等価に扱いスタディすることで、厚い外壁や戸境壁が塀のような軽いものの様に変容してきて、各住戸が敷地の中に孤立して建つ戸建住宅のような存在感となっている。都市の気配を集合住宅に取り込んだ作品となった。


練馬のアパートメント


練馬のアパートメント


練馬のアパートメント
(2010年/東京都練馬区)
©Iwan Baan


また、「森のピロティ」(2010年)は、6.5メートルの階高であるピロティの上の居室を9本の細い柱で支えている。このピロティは森の中の広場のような半屋外空間になっていて、森の縁が、まるで壁のようにピロティを包み込み、周辺の森と建築とを融合させている。空間のプロポーション、柱や梁のサイズと間隔、階段の位置のスタディを積み重ね、ピロティの解放感と囲まれ感、自然との連続性と空間の自律性の緊張関係を造り出した。住み手と建築、建築と周辺環境の関係を心地よくつなぐ空間を実現することで、高い評価を受けている。


作家研究5


作家研究6



森のピロティ
(2010年/群馬県吾妻郡)
©新建築社写真部


建築家長谷川豪は、建築を設計する時のテーマに、「余白」の空間を据えている。その「余白」の空間には、ある種の匿名性が備わっている。その空間を使う際は、見るものや住まい手の想像力を喚起させ、受け取り方の選択肢を広げる等の、場所と人がコミュニケーションをするという側面を持つ。
そんな空間が、長谷川豪の建築の中に生まれてくるには、彼の設計の仕事が都市部に集中していることに関係している。都市の中で建築をするという事は、場所やクライアントなど、考えれば考えるほどに情報量が多くなって複雑になっていく。建築とは、その中で解決される情報が多ければ多いほど良いとされるが、それらの条件への対応をただ積み重ねていくだけでは、鬱陶しいものになってしまう。そこで、この「余白」という空間は、そういった複雑な条件を解決するために用意する。また、それと同時にそこから一歩外へ出て、外側から見るような視点が住宅の中に欲しかったという。つまりそこでは、他の室内との関係性が変質し、自由になるような空間である。

だからこそ、そのスペースの捉え方次第で、家と人との様々な関係性が生まれてくる。それにより、余白の空間だけでなく、家自体や、周りの一部屋一部屋の意味上のスケールが変わるのである。

例えば、「森のなかの住宅」であれば、「小屋裏」が「光や風景を運ぶ深い窓」と意味を変える。
「桜台の住宅」であれば、「真ん中の大きなテーブル」が、「家具や庭、部屋」となり、
「練馬のアパートメント」であれば「マンションの各住戸」が「敷地に孤立して建つ戸建住宅」、
「森のピロティ」であれば、「森の木々」が「壁」、「ピロティ」が「森、部屋、」等となる。
その場所は、機能的な意味合い以上に、同じ場所でありながら、様々な空間体験が可能で、日々新しい空間の魅力を産み出していくためのものでもある。

自分も、周りの空間に変幻自在な空間性を産み出す「余白」という空間に興味をもっている。それはまるで、舞台のように様々な見せ場を造り出し、建築を物理的なスケールから解き放ってくれるものである。自分もこの、意味上のスケールの扱い方を自分の制作活動で伸ばしていこうと考えている。




Comment

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2013/01/15 11:03
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。