ユーリー・ノルシュテインについての日訳

油絵学科 院1年 亀山恵

ABOUT YURIY NORSHTEYN
Yuri Norstein, who has been working for years under the veteran Russian animator Ivan Ivanov-Vano, has emerged as one of the world’s leading animators. His film, The Tale of Tales , was considered the most artistic production to come out of Eastern Europe in years. The success of this film, as well as others such as Hedgehog in the Mist , The Vixen and the Hare , and The Heron and the Crane , is due to his unique style of multidimensional figures and backgrounds that have depth, roundness, and shading, giving a visual quality to his scenes seldom seen in other films. His humor is full of human observation, contrasting emotion over a broad scale from gaiety and laughter to sadness and disappointment. The fact that these moods are happening to animals and birds with their own particular environment provides an element of magic, and once again proves that the art of animation can bridge the biological barrier between human and animal worlds.

screenshot_01-300x223.jpg

taleoftales02-300x223.jpg

Norstein recognizes that a film is composed of various elements. It contains myth, fantasy, cosmographic ideas, sound, absolute realism, and naturalism. The combined quality of these elements could be of great value, lifting animation above all other media, but so far he has not seen any film, short or long, able to make full use of such total potentialities. He holds that a feature-length film should not only tell a story but present the richness of human life, make full use of the specific properties of animation, and look for its own way of development.

taleoftales04-300x226.jpg

taleoftales08-300x226.jpg



Despite its simple beauty, “Tale” was not made with children in mind. In the sequence imagining the huge losses Russia experienced in World War II, couples dance to the famous tango “Weary Sun.” Every time the old record skips, one man disappears from the frame and then the women dance alone.
Norstein says “Tale of Tales” is a film about the way memory is conjured up. He says the role of the artist is to allow people to “experience life yet unlived. This is the most significant thing we can get from art.”




tale-of-tales.jpg

ノルシュテインについて
ユーリー・ノルシュテイン(ロシアのベテランアニメーターであるイヴァン イヴァノフ ヴァノのもとで何年も働いている)は世界をリードするアニメーターのうちのひとりとして現れた。彼のフィルム、「話の話」は旧体制の東ヨーロッパから出現したもっとも芸術的な作品としてみなされた。成功したこのフィルムは「霧の中のハリネズミ」「キツネとウサギ」「アオサギとツル」のような他の作品と同様に彼のユニークな手法である画像と背景がもつ深みや完全さや陰影づけのために、めったに他のフィルムの中で見ることの無い視覚的なクオリティーを彼のシーンに与えている。彼のユーモアーは人間観察に満ちあふれていて、陽気さや笑いから悲しみや失望への広大なスケールで超える感情を対照的にみせている。
これらの雰囲気が独自の環境を持った動物や鳥たちにも起こっているという事実が、魔法の要素を提供し、それがまた、アメーションという芸術は人間と動物世界との間の生物学的な境を超えることが出来ることを立証する。


ノルシュテインは一本のフィルムが様々な要素で構成されていることを、認識しています。それは、神話、ファンタジー、宇宙構造的な考え、音、徹底的なリアリズム、そして自然主義を含んでいる。これらの要素が結合した特性は素晴らしい価値になり、すべての他のメディアより上にアニメーションを引き上げる。しかし、長くても短くても、このような全体の潜在力をフルに使うことができるようなフィルムをこれまで彼はみたことがなかった。彼は長編フィルムはひとつの物語を語るだけでなく、人間の人生に豊かさを与えるべきだと思っている。アニメーション独特の特性をフルに使い、その独自の発展法を模索している。


シンプルな美しさにも関わらず、「話」は子供達を念頭において作られていない。第二次世界大戦において、ロシアが経験した莫大な喪失を想像させる場面で、カップルたちが有名なタンゴの「weary sun」を踊る。古いレコードの針が飛ぶたびに、一人の男性がフレームから姿をけし、それから女性は一人でダンスする。
ノルシュテインは「話の話」は、記憶というものが、いかに魔法にかけられるかについてのフィルムであると言っている。彼は芸術家の役目は「人々にまだ生きてない人生を経験することを許すことだ。これは私たちが芸術から得られるもっとも重要なことである」と言っている。




Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。