Thomas Demand/トーマス・デマンド

Thomas Demand/トーマス・デマンド
発表者:百瀬文


トーマス・デマンドは、1964年ミュンヘン生まれの、ベルリン在住のベルリン在住のアーティストである。世界各国で展覧会に多数参加し、2003年はヴェネツィア・ビエンナーレにも出品。来年は日本の現代美術館で展示が決まっている。

big_277485_1248_Thomas-20Demand2_big_convert_20120105212905.jpg
ghosts-untitled-51_convert_20120105213345.jpg
demanding-1-e1268134053467_convert_20120105213144.jpg
Thomas-Demand_Fenster_convert_20120105213000.jpg




彼の作品は写真作品である。初めて彼の写真の前に立つ者は、まずその報道写真のようなごく何気ない風景と向き合うことになるのだが、やがてその風景のテクスチャーが奇妙にのっぺりとしており、極端に無機的なものとして映る事に気がつくだろう。実は、彼のこれらの作品は全て彼が自分の手で制作した厚紙やボール紙によって出来た実物大の模型を撮影したものなのである。彼の作品の元となる写真イメージは全て実際に存在する事件の現場写真や報道写真の中から選ばれている。言わば彼が扱うイメージとはすでにレディメイドであり、そこでは意図的に作者の演出や介入が回避されている。そこからデマンドはその選ばれたイメージ(ほとんどは建築空間である)を元に、もう一回その空間を紙で実物大の大きさで立体的に再現し撮影するわけだが、それはオリジナルである現実風景に対し、フェイクとしての模型空間を作るという目的のためではない。
いわばその最終的に出てくるイメージの中では、本来その実際の現場にあった人の痕跡やちいさな傷など、様々なノイズがきれいに脱色されているのだ。私たちは、そのようなノイズが取り去られた後の空間をシミュレートしたどことも言えない空間を前に、そのような再構成を行ったデマンド自身の意図と、その結果としての画像だけに直面することになる。それはオリジナルに対するフェイク制作ではなく、オリジナルの漂白作業なのである。
しかし、彼の写真における興味深い点とはそこだけではない。精巧につくられた模型を写した写真には、よく観察しないとわからない、紙と紙とのつなぎ目や、ゆがみ、ズレなどが写されている。そのような紙の模型のなかで起こっている物質的な現象は、それは「ノイズ」と言えはしないだろうか。そしてそのノイズによって私たちはそれが「紙で作られているにせもの」であることを知ることが出来る。その瞬間に、この写真は全てを監視している者、つまり作家のたくらみで満たされていることに気づかされるのだ。
しかしここで興味深いことは、そのノイズに気づき、それが紙で作られているとわかった後においても、同時にそれが先ほど述べたような、当時の血なまぐさい事件の傷跡や人の痕跡といった「ノイズ」が取り去られた、漂白された風景を成立させているということではないだろうか。つまりノイズを上書きすることでノイズを消し去る、という逆説的な論理がここでは成り立っているということになる。
これはデマンド本人の言葉であるが、彼はまず「対象を対象として尊重」し、原寸大のモデルを構築する。そしてデマンド自身の経験を適用しながら、事物の形とサイズ、それに細部を決めていくという。そして、「モデルに対してある意味で全能者のように振る舞うことが出来る」と彼は言う。「だから重要な細部、微妙な細部を一般化(抽象化)しすぎることもある。」という。
デマンドの写真はたくらみに満ちている。何気ない場所だと思って私たちが見る写真は、すべてデマンドによって選択され、漂白された筋書きである。かつて写真とは現実世界をのぞくための窓として機能するためのものだったかもしれない。しかし彼が暴きだすのは、「私たちがいかにそこから疎外されているか」である。私たちはその場所を追体験することはできない。私たちはなにもそこから物語を読み取る事の出来ない、「現場の亡霊」の写真の前になすすべもなく宙づりにされるのだ。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。