石上純也


大学院1年 建築コース 藤巻直樹

授業内で発表できなかったので、ここで石上純也について述べようと思います。遅くなってしまい申し訳ありません。

石上純也(1974 - )
日本の建築家であり石上純也建築設計事務所主宰。神奈川工科大学KAIT 工房で日本建築学会賞、ヴェネツィア・ビエンナーレでは《アーキテクチャー・アズ・エアー》で金獅子賞など多数受賞。「建築はどこまで小さく、あるいは、どこまで大きくひろがっていくのだろうか?」、Another scale of architecture 展など多数の展覧会も行なっている。

アーキテクチャー・アズ・エアー
《アーキテクチャー・アズ・エア》(2010)幅と高さが約4メートル、奥行き約13メートルもある建築物でありながら、そこに存在しないかのように空間に溶け込む。朝霧のように儚い建築であり、建築と空間が曖昧にまざりあっている。建築に極限までの透明性、空気のような存在感になっている。

テーブル
《テーブル》(2005)9.5m×2.6m×1.1m の大きなテーブル。小さな建築をつくるように大きなテーブルをつくられている。設置前の天板はこぶたのしっぽのようにまるまっていて、脚はバナナのようにそっている。曲率などは構造解析をして決めている。 厚みは3mm で薄い紙のようにやわらかいが、かたちを保っている。少しさわると天板は水面に波紋が広がるように波打ち、液体のようにもみえてそこにのっている静物が浮いているようでもある。

ガラスのシャボン玉
《ガラスのシャボン玉》(2011)ガラスの板を内部圧によって宙に浮かせたドーム。9 メートル四方の正方形のガラス屋根は、床とのすき間にコンプレッサーで継続的に空気を送風され、 内側からの空気圧により、 気圧を一定に保たれている。しなやかに床の上で風に舞うシャボン玉のようにたわむ姿は、ふとこれが硬質なガラスであることを忘れてしまう。脇には、ケーススタディーの痕跡である割れたガラスの残骸が薄氷の破片のように重ねられている。

四角いふうせん
《四角いふうせん》(2007)高さ14m、幅13m、奥行7m の4階建てビル相当の巨大な金属の風船。1t の重さと同じ浮力で自重を打ち消す量のヘリウムが充墳されている。絶えずゆらりゆらりと動きながら、見ている人間が自分自身を映し出し、また周りを映し出して変化していく。

 石上純也は空間を変容させるという意識を、見るものに与えることが「建築家」であるという確固たるビジョンを持っている建築家である。今回は石上純也の建築作品ではなく、より実験的なプロジェクトを取り上げた。それは空間を変容させる、という石上純也の作品の中で、重要なことのひとつに微細なスケールの操作とその限界への挑戦ということがあげられると思ったからである。作者本人の言葉にも「いままで建築が備えることができなかった、できる限り多くのスケールを建築のなかに含めてゆくことはできないだろうか。建築の概念を広範にすることによってより多くのスケールを建築のなかに含めることができるかもしれないし、逆に範囲を変えなくても、さまざまなものをできるだけ小さく低密度にしてゆくことで、できるだけ多くを建築のなかにとりこんでいくこともできるかもしれない……」とあり、スケールというものがとても重要なものとして作品に反映されている。
 アーキテクチャー・アズ・エアでは0.9mm の圧縮材と0.02mm の引張材によって建築が建築として存在できる臨界点に迫っている。人が知覚する限界のスケールを探りながら、同時に構造体として成立させている。テーブルは、スケールが一般的なテーブルと比べるととても大きい。そのうえ材がとても薄い材でつくられている。触れると水紋のように揺らぐテーブルは、テーブルとしては使えない。しかしそれは私たちが知っている一般的なテーブルの成立条件のひとつにしか過ぎず、4 本足に支えられた四角い水平面という条件を成立させることで、テーブルをテーブルとして概念的に成立させている。また、ガラスのシャボン玉や四角い風船についてもスケールのおおきなものに操作を加えることで自立させ、同時にそのおおきなスケールのものを揺らがせるような自立条件を選択している。ガラスで出来ている巨大なシャボン玉がたわむ様子や、1t もの重さの風船が浮遊する姿を目の前にしたとき、その成り立ちは理解できるのに、スケールの操作によってなにか不思議さを残す。気に止めないと気にならないが、気が付けば空間全体のスケール感が一気に変わる。 石上純也は複雑化している建築の成立条件を解きほぐし、それを再構成することで建築のあり方を再定義している。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。