塩田千春/高橋妙佳

作品作家研究 2011.11.22 (後半)

発表者:高橋妙佳

書記:風早小雪


-------------------------

書記の風早です。
今回は二人発表者がいたこともあり、ディスカッションの時間が少なかったので、塩田千春の作品、高橋さんの作品についてブログの方でもディスカッション等できれば良いなと思います。
また、席が遠かったため聞き取れなかった部分もあるので補足等ありましたらよろしく御願いします。

-------------------------


塩田千春
1979年生まれの大阪出身の現代作家
京都精華大学卒業後、オーストラリア国立大学、ハンブルク美術大学、ブラウンシュバイク美術大学に留学し、ベルリン芸術大学(UDK)にてレベッカ・ホルンに師事。
http://www.chiharu-shiota.com/jp/

パフォーマンスやインスタレーションをする作家で、女性性をテーマとし、内面的な物や体験を作品化し、見る人にとっても体験できるような制作をしている。

<作品紹介>
「絵になること」
絵になること

学生時代の作品で、赤い塗料を被り、自分自身が絵画になるという作品。


「バスルーム」
バスルーム

人が使っていたバスタブを使い、泥を入れて入浴したり、泥で顔を洗ったりするパフォーマンス
洗っているのが汚しているのか


「皮膚からの記憶」
皮膚からの記憶

シャワーで泥のついたドレスを洗い流す作品
洗っても洗っても拭い取ることのできない皮膚に張り付いた記憶


「眠っている間に」
眠っている間に

精神病棟から持ってきたベットを並べ、糸を張り巡らす
そこで作家が寝たりするパフォーマンス作品


<作品を見ての感想>
メタファーっぽい作品。
ストーリーを視覚化するような作品が多いように思える。


Q.なぜ塩田千春を選んだのか?
女性作家のパフォーマンスは自分を傷つけたり、泥を付けたり等の感覚的、フィジカルなテーマを扱っている人が多い。
自分の体を使ったパフォーマンスが多い→リアリティの追求。女性のリアリティ。

<例1>自分の血を使って、雪を降らしたり、汗でソルティドックを作って飲む作品。
<例2>カミソリで切ったりする作品
<例3>男性の作家で、作家に対して友達(?)に銃を撃たせて、記録を作るという作品を作った人がいる

Q2.塩田千春と高橋さんの作品の関連性について
身体、女性性に最近興味がある。
自分の身体は器みたいに感じる。

自傷行為の感覚(高橋さんの作品に関して)
→銅版画は版に傷をつけて描画する。傷を付けたところにインクが詰まり、刷るとったときにイメージになる。
銅版画に自分を象って描くということは直接的ではないが、自分自身を傷つけている感じ。

塩田千春の作品のように自分自身をテーマとするなら、絵画的な表現よりもパフォーマンスの方が伝わりやすいのではないか。

<例>イブ・クライン
http://ja.wikipedia.org/wiki/イヴ・クライン
<例>入れ墨を入れる映像作品
<例>ボディペインティングの作品
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。